ケチケチ作戦とかクローンの話

6D508DDB-3C35-4AD3-8DD3-E22A30BF4E17.jpeg
まずは前回までの話で紆余曲折、オーディオI/OからのMIDIインターフェースと来て、Key station案から一気に戻って、なんとM-AUDIOはM-AUDIOだけど10年前のMIDISPORT2×4をこれまたなんと¥1100 TAX込み!
DD07488C-DD19-4176-A087-442FA7D9D323.jpeg
何しろ10年ものなのでMac用のドライバーも10.8.5で最終だったけど、このバージョンのインストールで10.13でも認識、動作出来ました。MIDIの場合、動けばいいのでこれにて一件落着です♪ 
計画当初のAIR(MIDI付きでだいたい¥15000前後)と比べて、MBOX(¥2200)プラスMIDISPORT2×4(¥1000)=¥3200+TAXで達成出来ました♪
そんなわけで無事QX3のデータをPROTOOLSに移せます。まずは今回の新曲を流し込んでみました。移すと言ってもそのまま読むのではなく、QX3を再生させてPROTOOLSで録る感じ。勿論PROTOOLSそのものの使い方はこれから勉強しますがまずは成功ですね。

さてクローンネタを忘れるところでした。ここでのそれは楽器関連の特許切れからの模倣及びその販売の件です。
丁度、前述のMIDISPORTを買ったハードオフでショーケースに陳列されたTBを見つけました。勿論元祖です。価格に注目!
0075EF07-E421-41A3-A93E-CDB94B756108.jpeg0FA51071-C551-4C02-A9F8-4382E1FC3E70.png
一方黄色の方は現在ベリンガーから販売されているクローンです。この他ムーグやらローランドのクローンがたくさん出てます。
面白いのはこのベリンガー(法人)さん、中国のサイトから批判されてましたね。「真似ダメじゃない?恥ずかしくないの?」って内容だったそうです… https://www.businessinsider.jp/amp/post-171668

ただ近年のソフト音源化なんかもある意味クローンなので一概に言えないですし、何よりビジネスよりかはリスペクトの延長上ならばアリなのかなと私は思ってます。ビジネスを完全に否定はしません。でも儲け至上ではダメだってだけです。
実際のところ、クローン化されてるのは40年程前のもので特許切れは概ね各国20年だそうです。当時はMIDI前だからこのTBや TRシリーズなんかはありがたいのでは?わざわざ開発費掛けて再生するのだけの価値が認められるのは素晴らしい事だと思いますね。

この記事へのコメント

ブログ主のAWです
2021年11月03日 13:41
久し振り過ぎてHNすら忘れてました^^;

丁度1年前のブログですが、クローンの件は本当出て欲しいです。ブログを見てくださってる方が居られればお分かりと思いますが昔の機種でのこの1年大変苦労しています。

ベリンガーさんもPRO-800というprophet600の機能拡張版クローンを発表されてましたが是非出して欲しいですし、出来れば5オクターブ鍵盤付きでお願いしたい。
国内外問わず、サポート打ち切るなら認可してほしいものです。5Gの独壇場はどうかと思います。ローランドのブティックも一時的だったし。デイブスミスさんとこも精力的ですがユーザーってあの音、あの佇まいがいつまでも欲しいんですよ。私自身も50代。死ぬまで使いたいです。

この記事へのトラックバック