仕方ない…

前回JUNO-Gが本格的に壊れましたということで、メインボードの修理の為にスイッチングダイオードを手配したところまででした。
2054F915-C9F1-499B-8323-5950ABE81E4B.jpeg
その後届いたダイオードをルーペやら何やら駆使して交換したんですが発熱はしないものの、やはりLCDは表示しないままでした。バックライトも光りません。

しかし…

今度は電源自体が入りません。
正確には通電はしていてD BEAMはうっすらと点灯しています。ジャックボードと呼ばれる電源が載っている基盤からメインボードへも通電しています。やはりLCD絡みのリボンケーブルかそのからコネクタが怪しそう。勿論LCD自体の故障事例もあるそうなのではありますが確認は困難です。
2B7A64AD-48E5-4646-8F8E-E074E1635773.jpeg
なお別のメインボードに差し替えても同じでした。

今回はJUNO-GはTX802よりもナーバスと理解して別の個体を買う事にしました。もっともJUNO-Gである限り、イタチごっこなのは106やTXと同様です。
実は壊れる前しばらく使っていたら、KTの音が粗く感じてきてました。
ピアノ系にしてもストリングやブラスにしてもよく言えば荒々しい、キツめに言うと音質が悪い。測定出来ないのでわかりませんがSNの問題なのかビット数の問題かそう感じます。
KTも古いのでアナログ回路の電解コンデンサなりを交換すれば変わるかもしれませんが新品当時と比較できないので最初からか経年かわかりません。
当時使って録音した音源はアテになりませんしね。(´∀`=)

この記事へのコメント